施設年金を利用して投後にそなえる【快適な老後Life】

Finance

運用

年金用の運用手段を別に考えよう

今まで、自分の将来に備えた老後資金の準備、いわゆる私設年金を作る手段としては自主的に株式や不動産などで資産運用をしていくほかにありませんでした。私設年金を作るための優遇措置もなく、きちんと税金を支払いながら運用で増やしていくということを地道に繰り返していく必要があったのです。しかし、最近では、政策的に私設年金を作らせようと税制面での優遇措置のある制度が出来上がりました。それが確定拠出年金です。確定拠出年金とは毎月一定額を積み立てていって自ら選んだ金融商品で運用し、60歳以降に取り崩して生活費などの足しにするものです。イメージとしては銀行での定期積み金に似ていますが、とても魅力的なメリットがあります。

税制面での優遇があります

確定拠出年金には企業で行っているものと個人で行えるものがあります。個人で行う確定拠出年金の場合、掛け金額のすべてが所得控除することができます。月掛け金の上限額が23000円ですから、年間で276000円もの所得控除を受けることができるのです。仮に所得税と住民税で20%の税率だとしたら確定拠出年金をしているだけで55200円もの税金を軽減することができます。2つ目のメリットは運用している間の売却益や分配金にかかる税金も非課税であるということです。複利での運用を考えた場合、運用益に税金がかからないということはかなり大きな効果を生みます。これだけのメリットを揃えている確定拠出年金は、今後、私設年金として大きく広がっていく可能性があります。

Copyright (c) 2015 施設年金を利用して投後にそなえる【快適な老後Life】 all reserved.